FC2ブログ

Dog's smile

保護わんこのしあわせ探し@奈良

振り返ってみよう@きなり(最終章)  

きなりが保護された頃を思い出してみよう・・・


自分で保護活動を始めて、半年。
既に3頭の預かりさんちに居るわんこと
新しい家族の許に旅立ったわんこと・・・

それ以前に奈良の団体さんから預かっていたSean↓が
我が家に7ヶ月居ましたねぇ(笑)
IMG_5664 (WinCE) 

とっても大人しいアカンたれ猟犬で
いいコだけに、みんなが納得できるところに旅立てるまでは
お預かりしようと決めていたので覚悟は出来てたけど
次から次へと保護することになり、ショーンには可哀相なことをしました。

 
 
 
そして1~2歳のハイパー坊や マルク↓
IMG_6568 (WinCE)

このコは、元気すぎてじっとしてなかった^^;
トイレのしつけからだったので、大変だったなぁ
でも、その空気読めないドタバタさに、このコらしさを感じて
それを受け入れてくださる方の許に行って欲しいと願っていました。



==== と、きなりがきた時には大型犬とハイパー坊やが既に滞在中。





マルクの保管期間も終わり、里親候補さんが何件も現れた!
IMG_6651 (WinCE)
さらに危険な武器を手に入れた!!


そして、7ヶ月我慢したショーンが、これ以上にないほどのご家庭に
迎えられた。


次の日、大物がやって来た。
唯一私を引き倒したアレクサンダー大王。
IMG_6771 (WinCE)
熊みたいで、何も知らない大物ですよ。
唸ってましたねぇ

色々お見合いしたマルクの旅立ち。
マルクの個性を最大限に引き出してくれる里親様に
迎えて頂きました。

何とか落ち着いたリビングの中。
まだ大王との散歩の戦いは続いていたが。


IMG_6860 (WinCE)

今度は違った意味で大変なふわりを保護。
乳腺腫瘍右全体。 左わきの下腫瘍。 と爆弾を抱えたふわり。


そんな状態の中で、健気にきなりらしく居てくれたよね。
保護犬と言うのは、そう意味で少し逞しくなければ生きていけませんね^^;
無駄吠えもまったくなく、お散歩の時間を・ご飯の時間をとっても楽しみにして
嬉しさを全身で表現してくれたきなり。
1ヶ月とは言え、よく我慢したね。
時々覗きに行く息子にも抱きついて顔をぺろぺろ。
「オレ、なんかコイツスキかも」と言わしめた無邪気レディー。


おっと、神様のメールの続きだった^^;


神様からのメールで、色々やり取りをして
急遽きなり・ふわりを連れてお宅へ向かう。

0810112_20090225124408.jpg


きなりの車の中での様子を知るのは初めてです。
警察の車で搬送されて来たし、病院へは短距離なのでごく普通だったし。
1時間のドライブは、セカンドシートのわんこ対応シートでちょこんとお座り。
運転席と助手席の間から顔を覗かせ、ひたすら前を眺めていました。




0810114_20090225124727.jpg
きらきらの瞳は、何を考えていたのかな・・・

あっ、眩しいって?
だよね(笑)



0810113.jpg

「どこ行くんですか? 楽しいですね」

そんなことをさっぱりと考えていそうなきなり。



預かりさんは、家族で揃って待って下さっていました。
実は、正直メールの感触ではどちらもダメだろうなぁと思っていたんです。
すみません^^;

色々話をさせてもらって、ダメでいいと思っていたんです。


色々としっかり状況を考えるお母さんに
お父さんが「遣ってみないとわからない、大丈夫だろう」と言ってくださいました。
お母さんは子どもさんにも意見を聞いてみます。
「ボクこのコがいいなぁー」「ボクもこのコ」


じゃぁ、このコを預かってみます。

家族みんなで考えて結論を出してくださいました。




っが・・・何も準備してなかったよorz
まさか、まさかの結果ですから。
病院から直接行ったので、ワクチン証明やらフィラリア予防薬は持っていたので
それだけ渡して来ました、トホホ。

又近いうちにフード持って来ます!!

「フードくらいいいですよ。 こんな事言ったらアレですけど・・・
団体じゃないし全部個人で吐き出してたら貧乏ですよね」


はい、貧乏です(爆)



結局フードは、1度お持ちした程度でお任せしてしまいました。
神様ごめんなさい汗とか


そして、毎日の様子はBlogで報告される事を
とっても楽しみにしていました。
見る見る変化していくきなり。
家庭の中を楽しんでる。

「ほら、きなりこんな顔してる」そんな会話が我が家での毎日になりました。





でも・・・でもね、


破壊するたびに、ドキドキ。
そのうちにページを開くことに心臓バクバク、トホホ。


いつ帰って来るだろ・・・  とまで思った日々。
人様のBlogでここまでジェットコースター経験できるとは(笑)





そして、ゆっくりと家庭犬としての更なる進化を遂げるきなり。
いいこと・悪いこと、みんななちゅまる家で身につけたきなり。
家族旅行やお買い物、家族で暮すことを勉強したきなり。
Blogで毎日を報告してもらって「有名芸人犬」となったきなり。

毎日向き合ってくれたかあちゃんに感謝です。
仕事をしながら、子育ても現役、母・妻と忙しい毎日の中
きなりに向かってくださった時間は、きなりの財産です。
その財産というしあわせの切符を持たせてもらって
本当の家族の許で更なる進化を目指しています。




きなりの場合のとんとん拍子を思うとご縁というのはこういうものだと得心しています。
早速、家族の中で重要な役割を果たしてくれています。
小さな体で大きな存在ですね。





先日、里親希望さんから「正式な譲渡を」とメールいただきました。
3月1日、譲渡契約にお出でくださいます。
きなりのしあわせを祈ってくださった方々に感謝いたします。
ありがとうございました。



ランキングに参加しています。
たくさんの方の目に保護犬達が触れることの出来るように
ぽちり♪をふたつ、ご協力お願いします。

    にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
    にほんブログ村
    



category: 日々のこと

thread: 動物愛護 - janre: ペット

tb: 0   cm: 4

コメント

終わりよければ・・・

きなりちゃんの過去はわからないけど、幸せなワンちゃんだと思いました。
なちゅまるさんご家族に愛され、そして本当のご家族へ。
ハッピーエンドってこんなことなんだなぁと思いました。
不幸に亡くなっていくわんちゃんに涙することが多い中で、嬉しい涙があふれます。
そして、全ての幸せの階段の一歩はdog's smileさんです。
ご苦労様でした。
そして、ありがとうございました。

yukinko #- | URL
2009/02/25 17:15 | edit

=yukinkoさん=

きなりを見守ってくださってありがとうございました。

預かりさんが居てくださるお陰で
少しずつですが保護する事が出来ています。
行儀見習いまでさせてもらい
さらに応援してくださる方々も居る。
私達の活動は個人ですが、グループで遣らせてもらっているのだと思います。

応援し、見守ってくださる方々に労いの言葉をかけてもらえるなんて
こちらこそ、涙が出てしまいます。
まだまだ保護されるコらは続きます。
今後も見守って下さい。
本当にありがとうございました!

*c* #- | URL
2009/02/25 17:41 | edit

私のコメントにご丁寧なお返事ありがとうございました。

私はこんな所にコメントするのは好きじゃないのです。
「オウエンシテマス。
 ガンバッテクダサイ」
なんて、全然頑張ってない私が頑張ってられる人に言うのは
失礼だと思っていました。

すでにもう犬がいるからとか生活が苦しいからと言い訳して、
私はぬくぬくと暮しています。
里親になったり預かりすることは無理でも、ブラウス1枚買うのを
我慢すれば、お菓子を少し我慢すれば、毎月は無理でも
年に1回くらいはいくらかの協力ができるはず。
それすらしてない自分は偽善者だと思っています。

でも、こういった活動をされている方はさらっと言われるのでしょう。
「私が好きでやっていることだから・・・」

でも、誰もが、好きだけでできることじゃない。
金銭的なことでも時間や身体、そして、精神的なことでも
ご苦労が多いと思います。
1頭の犬に本当の居場所を見つけてあげたところで、
褒めてもらえるわけじゃなく、感謝されることも多くはないかもしれない。
当のわんちゃんは1年もすれば命の恩人のことすら記憶にないでしょう。
何の得にもならないけど、やらずにはいられない・・・
そんな強さと優しさに、私の言葉なんて白々しく虚しいと思っていました。

でも、私のコメントがほんの少しでもD.smileさんの活力になるなら、
ほんの少しでも元気の素になるなら心より書かせてもらいます。

応援しています。
できる範囲で頑張ってください。

これからもずっと見守らさせてくださいね。
わんちゃんが幸せを掴むのを見るのはとても嬉しいことです。

そしてそして、いつか何かの形でご協力ができればなぁと思っています。

そうそう、コメ返しはいらないですよ。
お忙しい方だと思いますし、私なんかへの返事をする時間を、
保護ワンコに使ってあげてください。

yukinko #- | URL
2009/02/26 13:37 | edit

Re: =yukinnkoさん=

yukinkoさんの言葉が、とっても懐かしく感じました^^

私もそう思っていた時期がありました。
でも、偽善とは違いますよ。
それなら、ココにコメントを残してくれたりしないと思います。

ココでのはじめてのコメントが中傷だったもので
私も少し神経質になる事がありましたが
やっぱり、コメントはうれしいです!
なんらかの気持ちが、そこに通い合っているんですよね。

全ての幸せの階段の一歩はdog's smileさんです。
ご苦労様でした。
そして、ありがとうございました。>

この言葉は、最高にうれしい言葉ですよ。
ひとつ報われた・・・みたいな満足ですかね(笑)

*c* #- | URL
2009/02/26 16:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dogsmile08.blog39.fc2.com/tb.php/65-3dc53f5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dog's smileメンバー

Dog's smile bot

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ