Dog's smile

保護わんこのしあわせ探し@奈良

面倒なことも必要  

P1170012-1_20150128164638a45.jpg

そびえ立つ鉄塔

鉄塔フェチも鉄子さん?







P1170495-1.jpg

よぉーく観て下さい。
日本中いろんな所にあって、いろんな形があって
なかなかのアート鑑賞なのです。





鉄子の部屋へ、ようこそ♪(笑)

保護犬たちが本当の家族に見つけてもらえるように
ランキング参加しています。
ポチッとご協力お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

banner.png





感じて下さい。
いろんな事を。

名を持つコらは、シアワセなのです。
それが不幸なお別れだったとしても
もう一度人を信じ、自分を信じたこと
きっと、とってもシアワセなのです。






今日は、ちょっと思うことを書いてみようと思います。
ボツ画像を使って(笑)


P1170622-1_20150128165955b1c.jpg

保護犬たちは、少なからず人間に不信感を持ってしまったり
環境の変化に怯えてしまったりと、何かしらを抱えて居ます。

でも「今を生きる」素晴らしい感性の生きものなので
新しい環境を受け入れます。
でも、それは、人間が見て酷いものだとしても
犬はそうは感じていません。
その場、その瞬間が全てなので、そのままを受け入れます。








P1170687-1_20150128165702a6c.jpg

そんな犬たちを保護して、(心身共に)ケアし、新しい家族に
バトンを渡すボランティアをしていますが
ワタシたちも、その都度新しい出会いをするわけです。
今までに卒業したコらの様子は、ご家族が折に触れて
フリマ、ミーティング、メール、年賀状…いろいろな方法で
送り出したワタシたちに報告して下さいます。
家族になるためには、ややこしく面倒な流れがあります。
ややこしく面倒な手続があるからこそ
犬のことをたくさん伝えられるし、家族の想いも聞かせてもらえる。
そして、ご家族に寄り添えるのだと思っています。
それでも中には、年賀状を出しても
音信不通の方がほんの数名いらっしゃいますが
たくさんの卒業生の内、5家族もありません。










P1170771-1.jpg

ワタシたちは、命のやり取りをしています。

「犬拾っちゃった。どうしよう?」
「私、飼えるよ」
「そう?ありがとう。じゃあお願いね」
「うん、任せて」

友人同士ならば、これでも成り立つことかもしれません。
でも、面識のない人間同士のやり取りは、こういうわけにはいかない。
まずは、メールでのやり取りになりますが
そこから伝わる気持ちや想い、やっぱりそこはワタシも
ぐらっとしてしまいます。
その気持ちを抑えて、その後家族と環境が、そのコに合っているかを
検討しなければなりません。
アンケートにご回答頂き、更にのメールのやり取りで意思確認。
ほごいぬミーティングに足を運んで頂いても、またお見合いがあります。
お見合いで飼育環境確認、正式譲渡手続など、とても面倒です。

全ての事をワタシ一人でこなしているので、メールの返信など毎日深夜です。
それでも返事が遅れてしまって、不安・不快な気持ちを持たせてしまったりと
反省することが多々あります。
ワタシだって出来るものなら省略したい。
もっと犬と向き合う時間に費やしたい。
でも、経験上とっても必要なことなのだと思ってます。
ココは、無理してでも!と考えます。










P1170269-1.jpg

この面倒な手順の中で
面倒を乗り越えて下さるから、意思疎通が出来たり
ちょっとした不安が解消されたり、迎える心積もりができたり
信頼関係を築けるのではないかと思っています。
この面倒な手続が、安易に命を迎えようとする人を
ふるいに掛ける術だとワタシは思ってます。


センターからの譲渡も同じく、センターでの講習会は
ワタシたちが対1でやり取りすることの代わりだと思いますし
多少遠くても、いいご縁なら、ワタシたちが遠征するのと同じく
センターの方も同じく遠方でも足を運んでくれます。
その犬が気になったら、まずは足を運んで欲しいと思います。
そうすることで、もっとそのコを知る事が出来ます。
例え、何年も動物と暮らしてきた方でも
犬を迎えたいと思ってる方なら、この講習は為になります。









P1170663-1.jpg

ワタシの知るセンターに関して言えば、ちゃんと譲渡対象のコらのことを
日々のお世話で把握して居られます。
ワタシたち預かりボランティアと同じように
伝えるべきことを、しっかりと観察されてます。

そこがやり取りできて、迎えられるとしたら
初めてお家に迎えた日から、不安度が違うと思んです。



愛護センターも、ワタシたち保護活動をする者も
立場は同じなんだと思います。
余裕のない中、他人が捨てた犬のお世話をし、家族探しをします。
仕事であることと、ボランティアであること、その違いはあるけれど
命に向き合うことは消耗することも多々あります。
悪しき者は、捨てる人。

犬猫は、土から産まれてくるわけでもなく
木になるわけでもありません。
捨て犬、捨て猫、こうやって産まれていきます。

行政が、その悪しき人の尻ぬぐいをしているのは仕事だから。
ワタシたちなら、断れます。
断ったとしたら、そのコ等はどうなるの?
捨てられて行政に行く。
全てのコらが、拾いあげられるわけではありません。


咬むから、うるさいから、引っ越ししなければならないから
経済的に飼えなくなったから、家族がアレルギーを発症したから
不妊手術せずに子どもが生まれたから、自分が病気になったから…

そのままお世話をして、里親を見つけるというのなら
お手伝いも出来ます。
それすらしないで、街に放り出す、行政に持ち込む
それが捨てると言うこと。
非情に捨てるのは、ワタシたちと同じ人間なんだ。

簡単に飼わない。
簡単に作り出さない。
簡単に捨てない。



今後のワタシ、蛇口を閉めるために出来ること
考え行動していこうと模索中。
今年の課題としよう、うん。



人を信用するために「面倒なこと」は必要なのだと思っています。
そこを怠ると、全部自分の責任に対する不始末になってしまうから
最善の防御なのです。




犬を保護しているけれど
全て人とのやり取り。
信頼や信用は、やり取りがあってこそ。

ランキングに参加しています。
応援のぽちり♪ ご協力お願いします。

  にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

banner.png

   



Dog's smileで家族を待っているコらです↓



category: 思ふこと

thread: 保護活動 - janre: ペット

コメント

納得です。

うんうんと、うなずきながら読みました。
捨て犬も捨て猫も、捨てる人がいなければ、存在しないんですからね・・・。
啓蒙の大切さと難しさを感じます。

私はDog's Smileさんから譲渡して頂いたわけではありませんが、小十郎を迎える時、
保護団体さんとのメールも電話も、一度も面倒だと思ったことはないんです。
「絶対私たちの家族にしたい」「他の人の家に行くと考えただけで怖くて手が震える」って思いながら申し込みしたので
むしろやり取りの時間は、自分たちがどれほどその子を家族にしたいと思っているか知ってもらうチャンスだと思っていたし
その子の事を教えてもらえるかもしれないという期待もあるし、とても大事な嬉しい時間でした。
本気で迎えたいと思っている人なら、みんなそうじゃないかなって思うんです。

本当に大変なのは、犬グッズのお店も通販サイトも知らないのに、必要品を買い揃える作業の方でした・・・。

エム #nASA2Lrw | URL
2015/01/29 18:39 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2015/01/29 20:17 | edit

大切な存在

命の重さを感じます。
どの子も同じ命のはずなのに、出会った人間によってそれが変わってしまう。
本来そんな事があっていいはずはないのですが。
リクは千葉県の愛護センター、そしてここニャンさんという保護団体さんを経て迎える事になりました。
ルナがお世話になっているトレナーさんのご縁でチコさんが仰っているようなやり取りはなしで迎える事ができました。
が、それはトレーナーさんへの信頼があってこそ、ひいてはトレーナーさんが私を信頼してくれていればこそと思い、皆さんの期待を裏切らないよう頑張らねばと思っています。
神様が下さった大事な命です。
私を選んでくれた事に感謝しております。

ルナママ #- | URL
2015/01/30 01:24 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2015/01/30 03:00 | edit

我が家に来たコ達は、同じ人間が勝手な都合で捨てた命を、心ある人が繋いだ命を縁あって頂いたと、改めて思いました。引っ越すから、年寄りだから、逃げたから、繁殖業者の夜逃げ、手に負えなくなった、など命の責任を捨てるの理由は様々。どのコも良い子できっと大切に育てられてたのだろうに、何年も一緒に暮らして愛情もあっただろうに、どうして簡単に捨てられるんだろう。
そのこ達は、愛護団体やボランティアさんの命のリレーで縁あって我が家にやって来ました。頂くときは、アンケートに答えたり、契約書に署名したりは当たり前、直接引き取れるのは2回目だったり推薦してもらった時で、直接届けていただくのはchicoさんの所と同じです。命のリレーをする上で責任を持って適した環境かを確認されるのは当たり前と思われてるかも知れませんが、休日を潰してまで来て頂くのには、頭が下がりました。施設の職員さん、預かりさん、ボランティアさん達が手間と愛情をかけて引き継がれた命!これからもウチに来て幸せかい?としつこいくらい聞いて大切にしていきます。

ユキミ大福 #JalddpaA | URL
2015/01/30 12:08 | edit

一つ一つの大切な想い
一つ一つの大切の命 人間だけでなくこの星の生物が生まれて良かったと思える世界にしないとね

Love is You!

もと #- | URL
2015/01/31 17:58 | edit

Re: =エムさま=

何らかの理由があって、手放さなきゃならないことも
あると思うんですよね。
でも、人の手を借りる前に、自分で出来ることを考えて欲しいですね。

きっとね、エムさんの気持ち、保護主さんにいっぱい伝わったと思います。
それでも断らなければいけないこともあって
ワタシとしては、本当に心苦しいのだけれど
やりとりをする事で「残念ですが○○ちゃんの幸せを祈ります」って
お返事を下さって、感謝の気持ちでいっぱいになります…
ホント、ありがたいです。

みんなに迎えて欲しいけど、1頭しかそのコは居なくて
それがご縁なのかなぁて思いながら、送り出してます。
準備の時間は、嬉しいですよね。
新しい保護犬を迎える度に、ワタシもドキドキとわくわくが
入り交じってますよ。
ワタシたちは、送り出す淋しさがのちに必ずあるんですけどね(^^ゞ


*chico* #lMBqkpAs | URL
2015/01/31 21:52 | edit

Re: =鍵※さま=

うふふ…
ちょっと意味深なエントリーの時は
必ず反応して下さって、ちょっとね楽しみだったりしますのぉ~
待ってたよッみたいな。

BUMPの曲、凄いよね。
どうしてこんな歌詞が書けたかな、って感心。
そう。彼女は、彼が名前を付けた親友に「K」という
一文字を最後にプレゼントしたのです。
聖なる夜は、さらなる人の愛にて聖なる騎士に…凄いよ、ホント。

里親募集の文章運びに反応してくれたなんて
なんか感激です。
長年人とメールのやり取りをしていると
向こう側がチラッと見えたりなんかする感性を
研ぎ澄まさせてもらってる気がします。
だから、このコメントもとっても楽しみに待ってますの。
どんなに高尚な言葉を並べても、文章の運び方で
ちらっと厚みがわかったりします。


日々の暮らしの中で、ふと、さり気に犬と触れ合っていて
ほわんと満たされた気分を感じる時がありますよね。
特別なことがあった訳じゃないけど、ふっと包まれる感じ。
それが、犬たちの力なんだろうなぁって思います。
深夜の首元も、そんな感じかな?!(笑)

いい犬ってのは、その人その人によって違うんだよね。
「可愛いねん」「いいコやねん」
保護したコらのこと、ワタシが絶対に言うらしく
「*chico*さん、みんなそれやし」と言われます(爆)

あ、確かに。と思いながら「だってホントに可愛いやん?いいコやん?」と
返しておきます(笑)
みんなホント、凄いんだよ。
その場でいっぱい考えてて、いろんな行動を見せてくれるけど
それでもワタシたちを受け入れてくれるのだから
どこまでも純粋って事なんだろうね。


ワタシも、支離滅裂でゴメンなさいなのだw

*chico* #lMBqkpAs | URL
2015/01/31 23:20 | edit

Re: =ルナママさま=

犬も猫も、自分の目の前の人を信じて疑わない…
だから純真で、貴いのですよね。

「信頼」この活動には、とっても大事で必要な事。
でも、先に「ご縁」ってのが繋がっていたから
信頼出来ることになるんだなぁとつくづく思います。
ルナママさまも、そこにご縁が繋がっていて
トレーナーさんが導いたのでしょうね。
犬が選んでくれたのですよね。

*chico* #lMBqkpAs | URL
2015/01/31 23:33 | edit

Re: =鍵※さま=

コメントありがとうございます。
無事にゆい改めアンちゃん、卒業しました。

条件は「いつ里」に書いてあることが最低条件で
いくつかのご希望を頂いた場合には
どこに決めるかと判断するときに
そのコにとって「より良い」条件と言うことになってしまいます。
当てはまらなかったわけではないことを
ご理解頂けるとありがたいです。

*chico* #lMBqkpAs | URL
2015/01/31 23:43 | edit

Re: =ユキミ大福さま=

ありがとうございます。

人を審査するなんて、本当におこがましいのですが
犬たちの代わりに、最期の時まで一緒に暮らしてくれる家族を
探させてもらってます。
迎えたいんだって方々みなさんに、迎えて欲しいのですが
どうしても選ばなければならない場合もあって
一瞬の差だったり、留守番時間の差だったり
一家族だけしか選べないことが
心苦しく、時々逃げたくなりますが
保護したコのシアワセな姿を見せてもらうと
本当に嬉しくなります。

ボランティアさんが、慎重に責任を持って選らんだご家族の元なんですから
シアワセですよ!

*chico* #lMBqkpAs | URL
2015/02/01 00:02 | edit

Re: =もとさま=

そうですね。
愛があれば、気持ちはきっと伝わりますよね。
みんなが愛を持って、命を見つめられたらステキな世界になる。

*chico* #lMBqkpAs | URL
2015/02/01 00:05 | edit

面倒な手順も踏めないようだと、ゆくゆく
お世話もできないって可能性も出てくる
ような気がします。(勝手な感覚ですが・・・)

噛み犬だったら、「トレーナー」と一緒にレッスン
すればある程度は矯正できます。
時間とお金はかかりますが・・・捨てたらだめなの。

時間やお金がもったいないとか、面倒だとか
そんな人たちは飼ってはいけないんです。

うちの「ぼす」は、うちのトレーナー及び馴染みの
ドックランでは「伝説の男」です。
「狂犬」→「坊ちゃま」へ変貌を遂げた犬として・・。

振り返ると、あの頃は大変だったなぁー。あはは。

ぼすの事があってから、早々に親犬から放して
売ってしまう二度とペットショップから迎えないって
心に決めた我が家です。

ひぃろん #- | URL
2015/02/01 14:29 | edit

Re: =ひぃろんさま=

ワタシたちは、ボランティアなので
「面倒だ」なんて文句を言われることは、そうないのですが
行政が同じシステムだったら、文句を言う人は居るんだなぁと思います。
なので、ちょっと書いてみたのです。

アンケートで、医療費は払えないって人も居ますから
ちょっと懸念してしまうことはあるのですよ(^^ゞ
しつけが出来てないなんて、以ての外とか思ってる人も居るかもですね。
それは、お金払って学んで下さい!です、はい。

ぼすくんは、トレーニングよりはなちゃんの方が
トレーニングになったかもですね(笑)

*chico* #lMBqkpAs | URL
2015/02/02 16:14 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2015/02/04 21:24 | edit

Re: =鍵※さま=

いつもステキな言葉を綴ってくださって
ワタシの楽しみのひとつなのですよ。

エントリーする度に、これ来るかな?!みたいな(笑)

フロー状態ね。
勉強になります!

今後は、クルム*chico*とか、キングオットとか呼んでください!
撥ね付けたいときも多々ありますが
何分自分の事じゃないだけにね。
犬のためですから(笑)

コツコツは好きな方なので、きっと大丈夫。
黙々と…
ときどきね、なんで?ッてことにぶつかるけれど
先になって、アレはこのためのことだったんだーって納得したりします。

こんな歳になって、そんなことに気づけること
シアワセなんじゃないかなって思います。
保護犬たちに負けないシアワセだったりするのかなぁって思います。
アナタと巡り会ったこともね!!

これからもよろしくです!

*chico* #lMBqkpAs | URL
2015/02/12 16:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dogsmile08.blog39.fc2.com/tb.php/2199-3b4aab03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

里親募集中

Dog's smile bot

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ